小5夏に読む、まんが日本の歴史

前の塾の春期講習で算数の先生がコメント。
「今のうちに(漫画で)日本の歴史を読んでおくとよいよ」

前の塾では社会は受講せず、z会で勉強を進めていました。
確かにz会の社会は小5の6月から歴史分野が始まります。
(結局、転塾とともに4月でz会は退会しました)

これを聞いた春にはGWの休みを使おうと思っていましたが
GW前に転塾し、新たなリズムについていくことに精一杯。

歴史よりも地理の方が幅広く内容も深く、
なんとでも総合的な問題が作れる地理にまず集中だと考え
歴史漫画を書店で見比べるだけに留めていました。

1学期の終わりに、塾の授業で歴史分野に突入しました。
歴史2回目の帰りには、縄文から平成までいきなり言う娘。
口頭テストを全員して、できない人は居残りだったようです。

夏休み…初めての長いひとり時間。
セーラームーンの漫画を読むくらいなら、歴史漫画やな。
さらっと歴史漫画で読んでおくと絵柄で覚えやすいしね、と
ついに日本の歴史まんがシリーズを買おうと決意。

選んだのは角川です。

日本の歴史漫画は、小学館、集英社、学研、角川、朝日新聞が出版しています。
小学館は昔ながらで、私も見慣れた絵です。
私は漫画として考えるので、絵柄で買うなら小学館なんです。

ただ、昔と違って選択肢が多いので見比べました。

・布団に寝っころがって読みやすい重さ
・ソファに寝っころがって読みやすい表紙
・鞄に入れて主張しすぎない大きさ
・さっと読み切れる冊数
・家計に優しい価格

要は、ハードカバーだと寝っころがって読むのに
腕は疲れるし、曲げにくいので、そこが違う角川を選んだだけ
(歴史漫画の内容じゃなくて、漫画の読みやすさを重視・苦笑)

角川は冊数が少ないので価格が低いことも決め手の1つです。

楽天セールやAmazon Primeセールの後に買おうとしたので
化粧箱に入ったセットは楽天では売り切れていました。
金額がはるので、ポイントが多い機会に買うのがいいですね。

化粧箱に入ったセットの他に、図書館セットというものがあり
それなら楽天ポイントアップで売っていたので娘に聞くと、
「化粧箱より図書館セットがいい!」と言うマニアっぷり(笑)

図書館セットってどのネット店も箱の写真しかなくって
中身は『角川まんが学習シリーズ日本の歴史』なんだよね⁈
と、届くまでドキドキの私(^ ^;)

届いて安心しました。

段ボール箱に書かれた「図書館セット」に喜ぶマニアックな娘(苦笑)

箱好き娘や息子が雑に扱いボロボロなった化粧箱を見て、
大切に扱いや!と怒る私が目に浮かぶよう…。
本棚に並べるなら化粧箱は結局要らなくなるし…、と
化粧箱セットが売り切れていたおかげで、将来のストレス防止になりました。

さて、娘や、読むのかね?

…。

15冊全て、終業式の日に読みきったそうです。
(そしてやることが終わってなくて、につながりました)

歴史漫画を読んで気分転換したらええけど、
夏休みの社会は地理の復習やで〜!と、声をかけています。

ブログ村&ブログランキング

↓ Please click here! Thank you!!
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告