大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター : Visit to the pediatric allergist

2014年10月から通っている府立医療センター。
合わせて地元の病院にも定期的に通っています。
image

当時、小5の一泊移住に向けて負荷試験をしたかったこと、
生後3ヶ月からお世話になってる地元病院の閉鎖が決定し
将来見据えて主治医に頼んで紹介状を書いて頂きました。

もちろん地元病院でも負荷試験をできますが、基本1泊入院。
卵黄がOKなら卵白に進め、長くて2泊3日になります。
途中でドクターストップだと1泊2日で終了と曖昧。
近所の方が何かといいのですが、仕事もあるし息子は4歳。
下の子だったら気にせず地元で負荷試験してたと思います。
(アレ友たちは地元病院で負荷試験をしています)

これまで負荷チャレンジは卵黄と卵白をしました。
親目線で言うなら、負荷試験だけで集まれるのでひと安心。
(ママ友曰く、肥満チャレンジの子と同室になったそう)
看護師さんも負荷試験を日々見守っておられるし
そして、なんといってもトイレが綺麗なので
吐いても服を洗う場所に困らないという安心感がありました。
あと当日集まった子供達の年齢で2つの部屋に分かれますが
中学生のお姉さんお兄さんと一緒の部屋だったり
小学生中学年〜高学年と一緒の部屋だったり
それぞれがいい刺激になったんでないかなと思います。

とはいうものの、この半年以上卵黄の自宅負荷をやめてます。
ま、理由はいろいろあるのですが、
一番は「もそもそして嫌」二番は「ゆで卵がめんどくさい」
飽き性な母娘ならではの理由です(ー ー;)

さて、卵黄10gなら単発でもOKだった実績がある娘。
ゆで卵に比べるとリスクはあるけれど
黄身の液体だけホットケーキに混ぜて2gからやってみる?
ってことで涼しくなったらやってみます。

そんな府立医療センターのコンビニ。
image
image
image
image

毎度の如く乳不使用のチョコをアレ友に買って帰りました♪

ブログ村&ブログランキング

↓ Please click here! Thank you!!
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告