『はたらく細胞』でアレルギーの勉強

今、我が家では『はたらく細胞』のアニメがブーム。

9月からAmazonPrimeVideoでシーズン1が観れるようになり
娘・息子と3人で週末にまとめて観ています。

オススメはアニメエピソード5「スギ花粉アレルギー」です
(コミック第1巻の2話目として掲載されています)

アレルゲン(スギ花粉)がやってきて、IgE値が上がり
ヒスタミンが分泌されて、ステロイドが登場〜!

という体の中でのアレルギー反応のメカニズムが、
子ども目線ですごく分かりやすくて生物を不勉強な私は感動!

「あのヒスタミンを抑える薬を飲んでるんだよ」と、
よく蕁麻疹になる息子に説明したり、
「この辺にはもう少しステロイドを塗りや」と娘に話したり。
アレルギー検査で見る好酸球って白血球だと知りました。

親子でアレルギーの理解をするにはちょうどいいアニメです。


↑好酸球が表紙の『はたらく細胞 4巻』
息子がアニメを止めて細胞の説明を読んでいたので、漫画も買ってみました。

コミック第1巻も今ならKindleで¥0です♪

運動会の練習では水分補給よと息子とYoutubeで、第11.5話
熱中症~もしもポカリスエットがあったら~を見たり。

小学校の運動会でも低学年の団体演技で『はたらく細胞』の
オープニングとエンディング曲が使われていると
息子が話しながら学童の帰り道に歌ってました。

…ちょっと暗闇で聞くにはシュールな歌詞なんですけど…。

私は『はたらく細胞BLACK』を読んで摂生に努めます。

ブログ村&ブログランキング

↓ Please click here! Thank you!!
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告