再び卵白の負荷試験

約3年半ぶりに卵白の負荷試験をしてきました。

中学受験勉強をした2年間、ストレスから肌の痒みが出てるし
心理的ストレスを増やすとアレルギー反応がより強く出るかも
と、自宅負荷は中止していました。

前回の卵白負荷試験では、0.1g、0.2gのあたりから腹痛。
陽性反応のため中断して、卵完全除去は解除不可でした。
その後の全卵負荷試験でも中断し卵白は無理かと諦めモード。

2年前は、固ゆで卵の卵黄は10gなら難なく食べられた娘。
今回の卵白負荷試験では、0.1g、0.2g、0.5g、1.0gと
30分ごとに食べ進めても腹痛も痒みも出ず(ストレスで痒い)
合計1.8gを食べても陰性反応のまま負荷試験を終えました。

ついに卵白の自宅負荷を始めることになりました。

免疫療法で効果が大きいのは15歳まで=あと3年。
「これを機に負荷をドンドン進め、増量試験もしましょうね」
と医師のお話を伺い、少し前に進めて良かったです。

つなぎに使っている量の卵が食べられるようになれば
外食するにもお店(特にラーメン屋)の選択肢が増えるし、
これから先、お友達と食べに行くにも気が楽になるはず。
(娘は卵が食べられないのでお友達と遊ぶことを避けてました)

受験勉強で止めていたことを動かしている3月です。

ブログ村&ブログランキング

↓ Please click here! Thank you!!
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告