塾生という集団から受ける影響と娘の変化

塾の授業開始時刻を考えると、娘が学校から帰宅してから
家を出るまでに30分以上は余裕があります。

なぜだか最近、帰宅したらすぐに塾に向かっているようです。
(塾に到着すると届くメールの受信時間で気づきました)

はて、なんでなん?

娘に尋ねてみると、思いもよらぬ返答が!

塾に到着してから授業の準備とかで時間かかっちゃうねん。
ギリギリでいってあたふたするのも嫌やし
早めに席について、ゆっくり小テストの勉強をしたいねん。

自ら考えてそんなん思うなんて!(母、びっくり)
前の塾でも小テストはありましたが、分からなくて当たり前、
テスト勉強ってナニ?の世界だった娘が!

娘の意識改革は、なんでかなぁって考えると…

やって当たり前の世界、受験を目指す集団の氣合いを受けた。

大手塾に転塾した目的の一つが「やって当然」を知ること。
みんな小学校の宿題もあるし、やりたいことを我慢してるし
普段の勉強量も多く、それでも受験に向かって頑張ってる。

少人数の塾にはなかった層の厚さと上を目指すエネルギー。
娘には小学校では得られない刺激を受けて欲しかったので
やっと変われてきたのかなぁと娘を観察しています。

そして、もうひとつ。

変わり始めた夫の氣愛を受けた。

夫の気合いは「氣愛」っぽいなと文字変換してて思いました。

だらだらする娘を見てイライラと負のオーラだった夫が
塾で聞いてきた内容を娘に伝えようとする夫になって、
パパも応援してくれてると娘が感じたこともあるのかな。

娘も夫も受験に向かって、やっと一本芯ができた気がします。

でもまだまだダラダラして、いろいろ足りてません…(-_-メ)
先日も算数の先生から「今の勉強法ではダメです」と電話が。

意識が変わってきたところで、勉強方法を見直します(-_-;)

ブログ村

↓ Please click here! Thank you!!
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告