長年のモヤモヤに片をつける : Get a new can opener

大学入学時、母のお花の先生の娘さんが大学卒業されたので
炊飯器や食器など台所用品を一式譲って頂きました。

その中に入ってた缶切。

実に20年の付き合いです。

柄が木製なので食洗機にかけずスポンジで洗うのみ。

対する缶詰は、あずき=糖分またはツナ缶=油分を含むので
こってりねっとり…食洗機でスッキリ洗いたい…とモヤモヤ。

以前使った時の餡子の糖分が残ってるっぽいと気づく…orz。

食洗機の素晴らしさを感じ早5年。
使う頻度はかなーり低いけれど、それでも必要な缶切。
使った後に洗うことを考えてテンション下がるのはなぁ…。

・食洗機で洗えること
・メッキがはがれてこないこと
・お手頃価格であること
・入手が容易であること

無印良品の缶切を見つけて、ステンレス製があるんだ〜と
ついつい買いそうになること数回。
なんか、これでほんまにええのん?って思ったんですよね。

時は過ぎ、無印良品で見たのは昨年のこと。
今年中に片を付けようと考えた矢先、ふっと見つけました。

パール金属の三徳缶切 食洗機OKとな。

うおぉ〜!コルク抜きもついてて、いい感じ!
なんだろう、この洗練された美しさ。まさしくツボです!

なんだか思っていた以上に機能があるようです。

缶切不要のサヴァ缶で手の感触を確かめてみます(笑)

おぉ!曲線が手に馴染むんですね〜。これは驚きです。
近所では売ってなくて確かめずに買ったけどいい感じです。

あー。これで1つモヤモヤが晴れました♪

ブログ村

↓ Please click here! Thank you!!
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告