袋帯から小町バッグ : Kimono Obi Bag

着物で淡交会の初釜、お茶初心者の私は気を使います。
フォーマルな鞄がいるなぁと思っていた頃のお話です。

twitterで見つけた、きものなかむらさんの正絹 袋帯 ¥1080!
袋帯

一目惚れして買っちゃいました(笑)
もちろん安いのには理由があります。大きなシミがありました(苦笑)

作り帯にしようかと静京さんに袋帯を持って行って相談。
袋帯ってつける頻度はかなり少ないよねって話になり、作り帯はやめました。

そして、京都に行った時にてくてく。
河原町のきねやさんへ!

帯を見ていただいて、小町バッグを作ることにしました。
シミの箇所が入らないように、柄も考えてどの面が一番いいか見極めてくれました。
本当に糸の一本一本見て下さり、あっ!ココにも染みが~って会話も楽しかったです。
側面と紐の布地の色もお見立ていただいて作ってもらった小町バッグ

image

大満足です。お気に入りを持っているだけでうきうきしますね♪
布地はまだまだ残っているので、数奇屋袋をお知り合いの方に作ってもらおうかな~と妄想しています。

帯としての役目は終わりましたが、鞄として新たな生を共に歩んでいます。


Read in English.

As a beginner, I was nervous and care about my dress when I joined the first tea ceremony held by Chado Urasenke Tankokai. I’d wondered the formal kimono bag for a long time.

One day I found this antique Fukuro obi (double-woven obi) from Kimono Nakamura on Twitter. I fell in love with it and got it soon. It was so cheap because it had wide stains.
At first, I would make it over to a made sash and I asked Sizukyou but I changed my mind based on frequency of Fukuro obi in use after the discussion.

Next, I asked Kineya whether it could make it over to a bag. She checked it carefully and she said it seemed to became a good bag. Wonderful! I ordered to make it over to a medium komachi bag.

The fabric finished the life as a Fukuro obi, however, it starts a new life as a bag with me!


ブログ村

↓ Please click here! Thank you!!
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告