中受:笑ってこらえて

中学入試本番初日の帰りの電車で、娘曰く、

「『室町幕府が開いたのは何世紀?』って問題があってん。
『黒魔女さんが通る』のおかげで解けてん♪」

ほう、どういうこと?

「黒魔女さんにな、出てくるねん。
『父さん、さっぱり、室町幕府(1338年)』
【13世紀】って書けてんで♪」

「へー…13世紀〜〜〜?」(ジト目)

「うん、13世紀。
 ・・・ん?・・・
 あっ!14世紀や!」

「父さん、さっぱり。じゃなくって
 あんたがさっぱりだよ!」

「「ガハハ(笑)」」

2人で笑いながら帰りました。

結果、この1問、2点で、一番上コース合格ならず( 過去記事)
今となっては笑い話です。

関西の中学入試は4・5日間続きます。

終わった後に気づいても、最早どうしたって取り戻せない。
悔いるのは本人であって、親ではない。

あの1問!って、初日からあーだこーだとクヨクヨせず
翌日の入試!って頭を切り替えることが大切。

娘の場合は同じ学校を再受験予定だったこともありますが
カラッと笑って受け流すことも、親の役目だなと思います。

笑ってこらえて、健やかにお過ごし下さい。

ブログ村&ブログランキング

↓ Please click here! Thank you!!
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告