プレッシャーと緩衝役

塾で「入試まであとxx日」が掲示されています。

100日をきって2桁からのカウントダウン開始。

保護者にとっては身が引き締まる思いです。

しかし、11歳〜12歳の受験生の受け取り方は様々。

集中する子。焦り出す子。まだ先と気にしない子。

やはり何かしらのプレッシャーを受ける子が多いんでしょう。

いろいろあると思いますが、一旦立ち止まる子もいます。

みんな遊んでるのに私だけ!
どうせ私なんて!
問題も分からへんもん!受験やめる!

やりたい自分とやれない自分、そのもどかしさ。

様々な葛藤と冷たい秋風と共に心の中を通り抜ける寂しさ。
6月の娘のように、今、ガクンとなる子もおられるようです。

この時期に〜っ⁈って親は焦りますよね。

塾の先生という第3者(緩衝役)に本人の思いを聞いてもらう。
それを先生が親に伝えるというのもひとつでしょう。
そうすることで塾の先生に寄せる本人の信頼度もわかり
親としても安心し、今は見守ろうという気持ちになれたり。

主役が小学生だからこそ、塾講師の腕の見せどころ。

どちらかというと親のための塾講師だったりします。

娘は偶にこんなふうに学校での人間関係でダメージを受けて
学校が嫌になって、塾含め何事にも動かなくなったりします。
気持ちが消化するまで一時停止か…と分かってきました。

時は過ぎていくけれど、本人の気持ちが戻るまで見守るだけ。

わかっちゃいるけどね…というのが正直なところです(T▽T)

ブログ村&ブログランキング

↓ Please click here! Thank you!!
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告