娘の挫折 #6

娘の挫折 #1, #2, #3, #4, #5のつづきです。

塾前逃亡の土曜日から1週間が過ぎ、そして再び日曜日。

娘に振り回された1週間、夫婦ともに疲労困憊。
心配で仕事になりやしないとそろそろ我慢の限界です。

特に夫は、自殺したら…登校拒否になったら…と心配しており
娘が書いてきた塾に行きたくない理由を読んで
土曜に大盤振る舞いで娘に服を数着買い与えていました。

夫の中でも「こんだけやった」が芽生えています。

対する娘は公開テストで塾に行ったり夫に甘やかしてもらえて
反抗期による「弟と比べて私ばっかり」モードが増長。

些細なことでムキーっと息子を蹴る娘を見て夫が大噴火。

息子のことで怒ってぷんぷんと自分の部屋に閉じこもる娘に
「くぉら〜!何やっとんねん〜!」と夫。
叱られたので泣きながらトイレに閉じこもる娘。

※夫の怒り方は、あぁ大阪の人だ。と思うほどです。

結局日曜の夜に夫・娘・私の3人で話し合い。

・頑張っても点数上がんないもん
・ママはできるけど、私は違うもん

そんな感じでしょうか。

夫が諭して娘が話す。

・頑張ってると言うが、TVやiPad見ながらで頑張ってるのか
・宿題はやって終わりじゃない、授業を理解するためや
・志望校に行きたいなら勉強はせなあかん
・塾に行くのは合格する確率を上げていくため

私が夫に話してきた受験に対する姿勢や考え方を噛み砕いて
娘へアンケートの回答として柔らかく話していました。

※公開テストに行く電車の中で一心不乱に勉強する子を見て
夫も、娘の頑張りってなんやそうか…と思ったそうです。

でも間に入って私が話すと、「ママだからでしょ〜」と泣くし
夫も「その言い方あかん」となる始末。

※算数・理科が苦手な自分、対するママは理系出身。
ママに対する劣等感やいろんな葛藤、根は深いようです。

結論として

・志望校に行きたい
・まず1ヶ月、塾に行く

そんな感じで日曜の夜の話し合いは終了です。

娘も私も第一子の長女。
どちらも王女様ですので女同士で張り合います。

反抗期による「弟の方が優遇されてる」という思いと
ママに認めてもらいたい、でもなんのかんのと怒るママ。

※仕事がら数字を読んで客観的にバッサリ斬って考えたり
予定を見据えて先を計画したりと共感より解決策を考えがち。
女同士なので互いに譲らぬ折れぬ曲げられぬ自己主張。
娘のメンターには不向きな私です。

娘が主人公の中学受験なので
私はもっと…という欲求を抑えておおらかに…でも難しい!

※兄妹の真ん中の夫は仲裁が得意。翌日に怒りすぎたと反省してました(苦笑)

(つづく…)

ブログ村&ブログランキング

↓ Please click here! Thank you!!
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告