JAPAN e-Portfolio

平成33年度の大学入学者選抜実施要項に向けた調査書のため
「JAPAN e-Portfolio」の利用が始まっているそうです。

「JAPAN e-Portfolio」概要
高大接続ポータルサイト「JAPAN e-Portfolio」とは、文部科学省 大学入学者選抜改革推進委託事業(主体性等分野)で構築・運営する、高校eポートフォリオ、大学出願ポータルサイトです。高等学校では、生徒の学校内外の活動をeポートフォリオとして記録し、生徒の振り返りを高校教員が確認できます。

※平成30年度現在、本サービスは高校1年生、2年生、3年生を対象に提供させていただいております。
※「JAPAN e-Portfolio」のデータは、「JAPAN e-Portfolio」の利用を表明した大学において、平成30年度(平成31年度入試)より、入学者選抜における評価、参考データ、統計データ等の目的で利用されます。なお、各大学の利用方法は、募集要項等に明記されます。(引用:JAPAN e-portfolio)

JAPAN e-Portfolioの運営・管理の代表大学は関西学院大学。
運営サポートはベネッセコーポレーション。
学校フェアで、ある私立中高も開発に関わったと伺いました。

企業・大学・中高のつながりを感じますね。

JAPAN e-Portfolio参画大学一覧も掲載されています。
私立大が多いのかと思いきや国立大も参画されています。

数年前から、大学入学者選抜で後期日程を廃止し、
推薦や特色入試と前期日程だけになった国立大もあります。
(有名なのは東大・京大・阪大でしょうか)

大学入試も昔と今とでは違ってきているんですよね。

お子さんが私立中学に通う知り合いに聞いてみると
すでにe-Portfolioの説明が学校からあった方もいれば
まったく説明ないよ〜という方もいました。

もちろんe-Portfolioは高校生を対象としているので
中学では説明されていないのでしょう。

私立中学であっても、学校によって温度差があるんだなぁ。

受験候補校の学校説明会では「JAPAN e-Portfolio」について
活動を開始されているかどうか聞いてみようと思っています。

ブログ村&ブログランキング

↓ Please click here! Thank you!!
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告