E判定を取ったその後が肝心

5月の公開テストの結果、小6年度では一番低い成績でした。

クラス落ち、リーチです。

しかも、第1志望・第2志望ともにE判定がでました。

体調が芳しくなく、時間配分を誤ったとはいえ…フゥ〜。

迷走する春期講習や勉強に身が入っていない様子を見ていて
そんな結果を取ってくるだろうと私は予想していました。

娘本人は、稼ぎ頭の国語で苦戦したのがショックだった模様。

いや…そこは算数と社会デショ。
(なんのかんのと理科は偏差値も点数も水平飛行を保っています)

正答率50%以上の問題でケアレスミスや無回答だった算数と
社会はもちろん娘が興味のない地理が強化ポイント。

国語の先生が「このクラスは社会が悪い〜。
3ヶ月間頑張って社会を勉強すれば偏差値は10上がるから!」

と担任でもなく社会担当でもないのに叱咤されていたそう(笑)

今はまだ、問題×体調=当日記録、にしか過ぎないと思う私。
娘には志望校別特訓を受けられなくなるかも…がいい薬。

「ここは頑張ってた。次、どうする?」

これを機に娘の意識が変わるのかどうか、少し様子見です。

ブログ村&ブログランキング

↓ Please click here! Thank you!!
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告