ママ友に受験校を明かしていけない

「塾のママ友同士でどこを受けるか言うたらあかん」
「違う塾でも、相手が受験しなくても終わるまで黙っときや」

マダムな先輩のお言葉です。

上のお子さんが最後の最後の日程で一緒に受けようと誘われて
受けた学校に受かったのに対し、誘った側が残念な結果となり
何年経ってもちょっとしたしこりになってるそうです。

私も部活の友人のほぼ全員が同じ公立高校を受験しましたが
中3の夏休み前に「一緒の学校に行こうね、は禁句やで」と
みんなで話した覚えがあります。(結果は全員合格でした)

まだ4月の終わり、志望校と受験候補校のカードを持つだけ。
6月にはだいたいの方向性を定め、夏の終わりに焦点を絞り
11月頃になるといよいよ受験校を決める時がやってきます。

主役は子ども、同学年のママ友とは情報交換に留めるものの
その情報が信頼できるものなのか…受験の年は要注意。

娘の第1志望校が相手によっては滑り止めのことだってあるし
逆に娘の第2志望校が、相手の第1志望校のこともあります。

まだ先とはいえ、志望校が夢なら、受験校は迫り来る現実。

志望校と受験校は別物…と気を払っていこうと思うのでした。

ブログ村&ブログランキング

↓ Please click here! Thank you!!
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告