愛の矢は娘に届いたのかな?

宿題が丸でも小テストは解けない娘の続きです。

2月から娘の算数担当の担任も疑問視していたこと。

そして春講で初めて娘をみた算数の先生に授業数回で見抜かれ
ついに教育的指導の矢が放たれたわけでした。

模試=実力テストで結果を出すには時間がかかるもの。

一方、宿題は内容の理解度を先生に示すためのものでもあり
テキストの数字を変えただけの問題が小テストで出るのだから
丁寧に取り組み理解すれば、小テストでは点は取れるはず。

小テストで点が取れるということは授業についていける証。

そして徐々に模試の結果につながっていくと思います。

春期講習でお試しクラスアップというのは、
「ついてこれる?君やる気ある?」を問われているんだよ。
鍛えるに足る打たれ強い精神力なのかも試されているからね。

先生が気にしてくれているということは、芽がある証拠。
この時期に勉強法を正さないと志望校は厳しいと思ってね。

と、娘に説明してみました。

「だって難しいねん。先生と話すのが恥ずかしいねん」
ブツブツ言いながら宿題をやってました。

いつまでも内弁慶な性格は変わらないです(やれやれ)

さて、春期講習の後半戦、どうなるかな〜?

ブログ村&ブログランキング

↓ Please click here! Thank you!!
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告