春期講習で上のクラスにチャレンジ

先日塾の先生からお昼に電話がかかってきました。

「お母さん、先日の公開テストの結果はご確認されました?」

はい〜、見ましたよー。

「春期講習は1つ上のクラスで受けてみませんか?」

えー!なんで?

通常授業クラスは来月のテスト結果次第では?

それに、あの〜…算数の小テスト、この前12点でしたし…
その前は20点。小テストで点数取れてないですよ?(泣)

「はい、そこが気がかりなんですよ〜。
でも1つ上のクラスの人数が少なく、いい機会なんです。
まだこの時期だからこそできるチャレンジです。
ついていけそうならそのまま平日はそのクラスに上がり、
厳しいと判断したら講習後は今のクラスに戻ってくる。
いかがでしょうか?」

お試しってことですね。

「算数特訓は先月は止めましたが、1つ上がりましょう」

先月からの様子見の結果、試しに上がってみようってことね。

「ただ、今より2つ上の難関特訓クラスの資格が出ましたが
難関特訓クラス用の春特別講座の申込はやめといてください。
かなり難しいのでついていけないと思います」

ズコーッ!
娘の刺激になるかなと思って行かせるつもりだったのに〜。
その難関特訓クラス、どんだけ難しいんですか〜?!

手前味噌ですが、3月の公開テストの結果が驚くほど良く
試しに通常授業クラスを上がってみようと連絡がありました。

娘曰く、同じクラスの他の子にも何人か連絡が入ったそう。

上のクラスは今のクラスよりも少なく人数が不均衡なので
クラス人数を均すための特例措置だなと納得しました。

娘から話を聞いて私が嬉しかったのが、

喋ったことのない同じクラスの男の子が掲示を見て
「xxさん、おめでとう」って
塾に着いた娘に話しかけてくれたこと。

キョトンとする娘に「あれ?見てないの?載ってたよ」って。

小6年度になり塾の中では殺伐としているのかと思いきや
戦友を称える優しさを持った子が周りにいて良かったです。

なにはともあれ、春期講習では食らいついてこーい!

ブログ村&ブログランキング

↓ Please click here! Thank you!!
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告