算数で取りこぼした問題

場合の数、つまり確率って力技な面もあると思いますが、
論理的に考えてこそ前に進む(解ける)単元だと思います。

おそらくどこの大手塾でもトップクラスの生徒は進度が異なり
場合の数など先に演習している単元があると思います。

今解けるべき問題と、解けなくて良い問題。
レベルごとにステップアップすれば良いとの考えなので
場合の数の後半の問いは、娘にはまだ解けなくても良い問題。

要は偏差値60以上の子の差をつけるための難問ですね。

公開テストでは解けるべき問題でいくつか解けていない。

ここをまず抑えたい。

ん?…足し算を間違えただけかー!(怒)

もちろん娘の課題は計算ミスだけではありません。
解けるべき問題で、空白で終わっている問題もありました。

2月、算数の授業中での小テストでは毎回20点〜40点です。
冬休み頃から図形をやってて、特殊算など忘れた?!

春休みまで小6年度の1週間に慣れる時期でもありますし
算数について塾の担任と話してみようと思っています。

ブログ村&ブログランキング

↓ Please click here! Thank you!!
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告