親は欲深きものである

1学期、娘の塾の算数の小テストは0点〜20点。
それでも「なんとかなるさ」と楽観視していた面もあります。

塾の先生から「勉強法の見直しを」と電話がかかってきたり
分数と格闘しつつゆっくり塾に慣れて夏期講習を迎えました。

母娘の意識が一段階変わったのは夏期講習。

今のレベルでは志望校がはるか彼方であるのは自明の事実。
上のクラスに向かう意識が娘に芽生えたことが大きいです。

夏期講習の後、だんだん小テストの点数が上がってきました。

しかし、先月の公開テストでは見事に撃沈しました。

「私は今のうちに鼻柱がポッキリ折れて良かったと思う」
塾の先生に伝えると「糧になると思っておられ安心しました」
との返事で、先生の母娘分析もなるほどなぁと思いました。

それでもやっぱり基礎的な計算力が欠けているので
先月末に簡単な虫食い算をさせたり、素直になれと思ったり。

先生に伝えると

「親の欲は切りがないものです。
まず『きちんと頑張っているなら良し』とすべきでしょう。
本当によく頑張っていますよ。」

はっとさせられました。

焦っているのは私なんだよなぁ。

娘の歩みを認めることが大切と前に私自身が書いてましたね。

様々な思いを抱えながら、小6年度の説明会はもうすぐです。

ブログ村&ブログランキング

↓ Please click here! Thank you!!
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告