土佐れいほくのふっくら米粉で試し焼き

Comeconoco Laboratoryで伺ったふっくら米粉。

難波神社でのぐりぐりマルシェで買って寝かせていましたが
やっとパウンド型を買ったので試し焼きしました。

ちなみにパウンド型は、テフロンの小さい18cm
普通に作ると米粉のパン生地はかなりゆるいので
接ぎ目から生地が漏れるのもクッキングシートを用意するのも
どっちも面倒で作らなくなるなぁと、テフロンを選択。

さて焼いてみよう。

発酵させている間に思いつき、こめの香を用意し焼き比べ。

Comeconoco Labでも販売されている「ふっくら米粉」は
年末には流通し始めるそうです。 (参考)

「こめの香」と比べると、焼成の温度変更の手間はかかるけど
増粘剤などが入っていないのに簡単に焼けて素晴らしいです♪
(ほっておくと発酵がぐんぐん進んでびっくりしました・笑)

ふっくら米粉は、きめ細やかなしっとりパン。
こめの香は、サクッとハードなパン。
どちらも美味しい〜♪

トーストで食べるとサクサク♪

お昼のお弁当に、米粉パンとツナ&オニオン(ノンエッグマヨ)

食べすぎると胃にズドンときます (おにぎりみたいなもんですしね)
おかげでしみじみと肥えゆく秋を感じています(^ ^;)

ブログ村&ブログランキング

↓ Please click here! Thank you!!
にほんブログ村 子育てブログ アレルギー児育児へにほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告